ビジネススキル

【行動力】即実行、即行動!すぐやる8つのコツ

こんにちは。ぺんたです。

会社ではほぼ座ったままの仕事、移動はエレベーター。
運動不足の解消も兼ねてジョギングを始めてみました。

10分くらいで息が切れてしまいました・・・。
運動不足どころじゃありませんでした。
疲れたけど、今日はよく眠れそうです。

2日に1回でいいので一ヵ月は続けてみようと思っています。

今日はそんな『何かを始めるときのコツ』について
少し書いてみたいと思います。

早速ですが、こんなことないですか?

  • ダイエット目的でジョギングをしようと決めて一週間経過
  • 週末に資格勉強をしようと思ったけど結局月曜日を迎えた。
  • 部屋を片付けたいのに部屋が汚いまま半年が経過した。
  • ブログを始めようと迷っているまま1年経過した。

やろうと思っているのになかなか始められない!

「あしたから本気出す!」

ってやつです。(身に覚えがありすぎる…)

なかなか始められない自分、先延ばしにする癖、どうにかしたいですよね。

この記事ではそんな「なかなか始められない」悩みを解決できる即実行、即行動できるようになる8つのコツについて紹介していきたいと思います!

8つのコツと言っても『アメとムチだったら私はアメタイプです!』
という褒められたりご褒美をもらえることを好む人もいればその逆の自身を追い込むことが性に合う『ムチタイプ』の人もいます。

8つのコツの中には共通の方法を含め”アメタイプ”と”ムチタイプ”の方法が挙げています。
当然、合う合わないがあると思いますので”自分に合いそうだな”と思ったものから試してみてください。

8つのコツ

①”なぜそれをするのか”目的を明確にしておく

目的を掘り下げる

「そんなの当たり前じゃないか」
という声が聞こえてきそうですね。

確かに何かを始めるときには、既に目的は決まっているはずです。
なんとなく目的もあるような無いような状況で「さあ!〇〇するぞ!」なんてことはないですもんね。

ここの”目的を明確にしておく”というのは目的を”もうひとつ深く掘り下げる”という意味です。

例えば「稼ぐためにブログを始める」というのが目的だとします。
でも実は「稼ぐためにブログを始める」というのは本来の目的を達成するための”手段”にすぎません。

”どうして稼ぎたいのか”を軸に掘り下げていくと

  • 会社を辞めたい
  • 自由な時間を手にいれたい
  • 人間関係のストレスから解放されたい
  • 将来の不安から解放されたい
  • 働きたくない

などいろんな目的が出てくると思います。
何かを始める前には一度自分自身に「これを始める目的はなに?」「それは本当に手段ではなくて目的?」と自問自答してみることをオススメします。

自分の思っている目的を一度掘り下げてみると本当の目的が明確になり、すぐやるための”やる気の導火線”に火が付きやすくなります。

目的を明確にできたら自分がいつも見える場所に貼っておくのもオススメの方法です。

目的を分散化しておく

目的を掘り下げる段階で目的がいくつも出てきた場合、「目的をひとつに絞り込もう」と思う人がいますが、目的をひとつに絞り込む必要はないんです。
むしろ分散化しておく方が今後、始めたことを習慣化、継続するための大きな助けになります。

ただここで注意しておきたいのはそれらの目的が同じ山の頂上にある場合です。
目的の山がいくつもできるようであれば始めた後のアクションが分散化してしまう恐れがあるのでひとつに絞り込む必要があります。

目的の山を登頂したときに宝物がひとつだけ置いてあるよりも2つ、3つ置いてあるほうが嬉しいですもんね。

一石二鳥、一石三鳥であるならば目的を1つに絞り込まずに分散してみましょう。

②成功と成功までのプロセスをイメージする

ここでの肝は「成功をイメージ」するではなくてあくまで「成功と成功までのプロセスをイメージする」です。


頭の中で成功している姿や
それを手にしている自分を
しっかりイメージしてください

これはよく言われることなので例えばお金持ちになることを実現化するために高級なタワーマンションや高級車、ハワイなどの景色のいい写真などを見える場所に貼り付けておく人もよく聞きますよね。

でもこの方法だけだと、今では効果が薄くむしろ邪魔になるとまで言われることがあります。

理由としては大成功したイメージばかりしている人は目的達成までの困難にぶつかったときにそのギャップに耐えられず挫折してしまったり始める前からやめてしまったりするからです。

そのため「成功をイメージする」というのと”こうなって、こうなって段階的にこうなる”というような「成功までのプロセスをイメージする」というのを必ずセットにしておいた方がいいんです。

これは始めたことを習慣化する際のテクニックでもあるんですが、ここの「ここまでならできそうだ」という
最終目的達成までのプロセスをしっかりイメージし、ギャップ潰しがしっかりできていると何かを新しく始めるときに「自分にできるかな…」
「いやいや自分にはできなさそうだ!」というようなマインドロックにかかることを防ぎ、すぐに行動に移すことができます。

③カタチから入る

冒頭に書いたような「アメとムチ」で言えばこの”カタチから入る”という方法は「アメ」ですね。

すごく簡単な方法ですけど何かを始めるのにこの方法は絶大な力を発揮します。
例えば…

  • ジョギングするためにかっこいい(かわいい)新しいウェアと靴を買う
  • ゴルフを始めるためにいいゴルフセットをそろえる
  • スケジュール帳を付け始めるためにテンションの上がるスケジュール帳を買う
  • ブログを始めるために使い勝手のいいカッコイイ有料テーマを導入する

カタチから入るにはお金がかかることも多いので先行投資的な要素は大きいですがコスパはいいのでオススメの方法のひとつです。

僕はブログを始めよう!と思ったときにリスクの低い無料のテーマにするか有料テーマを購入するかで少し迷いましたが、自分にとってスタートする動機が大きくなるので
後者を選びました。もちろん後悔してません。

カタチから入るのはそれだけでもテンションが上がるので、何かをやり始めるときには効果の高いオススメのコツのひとつです。

④目標のハードルを低くしておく

何かを始めるときに目標が大きいと始めることすらできずに終わることが多いです。
これは完璧主義者の人に多いですね。
僕はすごく心当たりがあります!!

  • シャワーを浴びる前に腹筋と腕立て100回ずつする
  • 毎日5kmの距離を走る
  • 資格取得のため毎日3時間勉強する
  • 毎日1記事を書く

完璧主義の人に多い、と書きましたが上記に「必ず」とか「絶対」がセットでつくことも多いです。

始めないとゼロで成果は出ません。
でも始めて途中で辞めてしまっても意味がないということも覚えておかないといけません。

  • 腹筋と腕立てを慣れるまでは10回ずつ毎日する。
  • 自分が限界と思ったら辞めてもいい距離を毎日走る。
  • 資格取得のため最低1時間は毎日勉強する
  • 高品質なブログ記事を一週間にひとつだけ書く。

上記は完璧な目標のハードルを下げたひとつの例ですが、
完璧すぎる目標ではなく、達成できる、やり始めることのできる目標を掲げることが大切です。

目標は途中から設定し直すことはいくらでもできるんですから。

⑤小さなスタート

前項の内容に似ていますが、「とにかく始めること」に超特化するにはスタートを小さくすることも方法のひとつです。

スタートダッシュを切ろうとしてるのに足に鎖のついた重りが大きすぎると走り始めることすらできない、では全く意味がありません。

  • 腹筋をとにかく5回でいいからする
  • トレーニングウェアに着替えて靴を履く
  • 机の前に座って参考書を1ページだけ勉強する
  • 3行の記事でいいから書く

「なんだそれ!」「そんなのでいいの!?」
と思われるかもしれませんが「始める」にはそれでいいんです。

車も飛行機も人間もエンジンをかけるときが一番エネルギーを必要とします。
でも不思議と「一度やり始める」と続きます。


冒頭で書いた「とにかく始めること」に超特化するならこれでいいんです。

「あれ?やり始めたら続いた」を実感できます。
”0”を”1”にできたらこっちのもの。

思った以上に効果があるので一度試してみることをオススメします。

⑥ご褒美を準備しておく

この方法もわかりやすく効果が大きいです。
「アメ」と「ムチ」で言えば完全な甘々な「アメ」ですが「自分へのご褒美」を準備しましょう!
エンジンをかける強力なスターターになります。

  • 週に一度は大好きなスイーツを食べてもいい
  • 終わったあとは冷たいキンキンのビールが飲める
  • 終わったら好きなYouTuberの動画を見てもいい
  • 終わったらゲームをやってもいい

ご褒美はやり始めようと思っていることを「やりたい!」「するぞ!」と自分のテンションが上がるものであればなんでもOKです!

ポイントはご褒美になるものを「やり終わった」「達成できた」後に準備しておくことです。

やり始める前の現実逃避として上記をやってしまうと本末転倒ですよね。
前項で上げた「小さなスタート」と相性がいいです。

是非試してみてください。

⑦自己宣言を第三者に公開する

「アメ」と「ムチ」で言えば自分を追い込む「背水の陣」。
「ムチ」の方法です。

何かをやり始めるときに実行している人は実はけっこう多い方法ですね。
「これはもうやってるな」と思う人も多いはずです。

よく聞くのは「私明日からダイエットするから!」と親や友達に宣言したりSNSなどを活用してオンライン上に「今日からブログを始めました!」と公開すること。

何かを始めるときには自分だけでひっそりとやるよりも第3者に大々的に宣言するほうが
やり始める大きな動機を生みます。
というかやらざる得ない状況になりますよね。


この方法はまだ試したことがないという方「ムチ」には分類されるもののリスクもなく、がすぐにできます。

是非一度試してみることをオススメします。

⑧環境や状況を整える

最後の方法は「アメ」にも「ムチ」にもなるグレーな方法です。
加えて「カタチから入る」の方法とも言えると思います。

具体的には下記が挙げられます。

  • 筋トレを始めるためにジムに入会する
  • リングフィットを買う(すごくピンポント…)
  • 図書館やカフェに行く
  • スマホやタブレットの電源を切る


別の言い方をすればそれしかできない環境の箱の中に入る、自分自身をその状況に置くと言えます。

この方法のメリットは2つあって一つ目が「やり始める」というよりは「やらざる得ない状況」に自身を持っていけるということ。
2つ目が”箱”の中に自身を置くので誘惑要素を完全に排除できる
ということです。

資格勉強、受験勉強、資料作成、記事を書くのに図書館やカフェを利用している人の姿を一度は見たことがあるのではないでしょうか。

中にはゲームしたりインターネットをしたりするデスクと勉強や仕事をするデスクが一緒のためにいつも誘惑に負けてしまう、というのを防ぐためにノートパソコンを別に買い、自宅の別のスペースで行うという方法をとっている人もいます。

目的のことをやり始めるのにハードルがすごく下げることができるので効果も期待できるコツのひとつです。

まとめ

今回の記事では即実行、即行動!すぐやるためのコツを8つの厳選して紹介してみました。
もう一度まとめると

  1. ”なぜそれをするのか”目的を明確にしておく
  2. 成功と成功までのプロセスをイメージする
  3. カタチから入る
  4. 目標のハードルを低くしておく
  5. 小さなスタート
  6. ご褒美を準備しておく
  7. 自己宣言を第三者に公開する
  8. 環境や状況を整える

の8つです。

何かを始めるには

『自分は意志が弱い』
『生まれつきだからどうしようもない』


という人がいますが、行動力、実行力は意志でも癖でも遺伝でもなく実はスキルのひとつなんです。

筋肉のようにコツを掴むことができれば誰でもできることなんです。

8つのコツを試してみて早速「来週から」「明日から」ではなく「今日から」「今から」やり始めてみましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA